So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

信頼あるまともな医師は辞め、信頼ない医師が残る。 [仕事]

知人医師が勤務していた病院を辞めたそうな。彼は患者さんからも医師からも信頼あるまともな医師だ。

彼はエビデンスを重視し、必要な検査や治療は勧めるし、不要なら勧めないという姿勢で医療に臨んできた。これは医師として当たり前の倫理観。

一方、経営者側の人間(医の倫理観など知ったこっちゃない非医師)は儲けを重視し、不要な検査や治療を勧めるよう医師に業務命令で強制する。患者に何かあっても責任を負うのは強制した経営者ではなく、強制された医師だ。

患者を第一に考え、医師としての倫理観を持つ医師は当然その業務命令は受け入れられない。
だから、辞めざるえない。

これが医療の現場の真実。









nice!(0)  コメント(0) 

自分の思い通りに近づけるために [生き方]

私は自分の思い通りにいかないと感情的になってイライラしてしまう。

それも『自分のことに関して』にとどまらないから厄介で。
以前、東シナ海で中国船が日本の領海侵犯していることにイライラする私に友人は呆れていた。。
私がイライラしたって中国船がどうにかなるわけでもないのに!
それに、中国船は私の生活に何の関係もないのに!
過敏なのかなとか正義感が強すぎるのかとか思ってたけど、それだけじゃないのかも。
『自分の思い通りにいかない』に対する感情的な反応なのかもしれない。
『自分の関心を持ったこと』に関しては、
自分の思い通りに行かないと気がすまない。
少しでも思い通りでない点があればイライラしてしまう。
不思議なもので、旅先での道間違いなんて気にしないどころか間違えたら間違えたで面白い発見があるかもなんて思うのにねぇ。
他のことに対する取り組みが自分の思い通りにいかなくてもおおらかに構えていられれば、いいんだけど。
少しでも思い通りに行かないことを気にして、イライラしていたら身が持たない。
少しでも思い通りに行っていることに気を向けて、いきいきしている方が
もっと自分の思い通りに近づけるだろう。
少しでも思い通りにいっていないことがある→思い通りに行っていない。
ととらえるのではなく、
少しでも思い通りにいっていることがある→思い通りに行っている。
ととらえてみる。

nice!(0)  コメント(0) 

男女の愛は本当にあるのだろうか? [雑感]

『愛』はあると思う。
親子の愛、とか。
こういうジャンルの話には弱くて、いつも涙をぼろぼろ流してしまう。

だけど、
男女の愛は本当にあるのだろうか?
男女の愛の物語をいくら見ても聞いても、どうも実感がわかず、どこか冷めている自分がいる。

特に情熱的な愛とかわからない。
一過性の熱に浮かれている状態と何が違うのだろうか?

男女の恋患いはあると思うんだけど。

私が何かトラウマでもあって『愛なんて』とか斜に構えているわけでもなく、(性格的には全方位に対して斜に構えている傾向があるというのはおいておいて。)ただ単に愛って実感したことないなと思うので。

では、ちょっと見方を変えてみよう。
毎日同じ相手と過ごす。楽しいこともあればイライラすることもある。けっこう大変なことだと思うけど、それをなんということなく乗り越えていく。それこそが、愛の存在する証拠なのかもしれない。




nice!(0)  コメント(0) 

安部政権は国民を守ったりしない。 [社会、政治]

現政権が『この国を守り抜く』と掲げていることに驚いた。

全く守ってないじゃないか!って。
日本をどんどん弱体化させている!って。
守っているのは現政権でしょ!って。

『安部政権を守り抜く』の間違いではないか?

安部政権を守るために、失われた優秀で信頼あった官僚、省庁。

安部政権のアメリカへの過剰な忠誠心により、失われる国益、国民の安全。(ここ数年ますます米軍機による事故が多発している。そんな中でのオスプレイの横田基地配備。沖縄の惨事を他人事のように見ていた人々が住む東京も危険な地となった。)

失われる日本円の価値。(こんな状況では政府がわざわざ円安にしようとせずとも、やがて国力低下によるおさえのきかない円安になるだろう。)

私は『国』とは主権者である『国民』を指しているのかと当然のようにとらえていたから。

『国民を守り抜く』っていう意味かと。

だけどそれは誤解だったみたい。

現政権が考える『国』は『政府』=『自分たち』なのでしょう。独裁国家だった戦前の考え方のように。彼らは戦前の体制が好きだから。

だから正解は『自民党政権を守り抜く』っていう意味なんだな。

安部政権は国民を守ったりしない。
自らを守るためにむしろ国民を、危険にさらしている。

国民は自分たちで自分たちを守らなきゃならないというのが現実。

だけど、悲観ばかりしなくてもいいのかも。

国民が自分たちで自分たちを守ろうとする力出すとき、日本は国としての力を取り戻せるだろうから。





nice!(0)  コメント(0) 

男尊女卑がかいまみえるとき [社会、政治]

パワハラ熊本市議にしても
小保方さんにしても、
ベッキーにしても、
犯した罪は許されるものではないにせよ、
なぜこんなにも連日取り上げられ、叩かれるのかと思う。


彼女らと同じ、あるいはもっとひどい罪を犯していても男性であれば、特に中年以上であればこうも叩かれないのに。

結局は力関係の問題で弱い者からめった叩きにされるのだろう。

弱い者いじめを見させられているようで非常に不快な気持ちになる。

他に政治的に社会的に取り上げるべき重要な問題は山積みでしょうに。




nice!(0)  コメント(0) 

今年も国会中継がおもしろい [雑感]

国会答弁を見ていると、ディベートなどで一般的に必要とされる、的を得た分かりやすい説明力は必要ないのだなと思った。


むしろ必要不可欠なのは、あえて的を外した分かりにくい説明を長々とやって時間稼ぎをする力だ。


ポイントは「真摯に」とか「丁寧に」などの耳あたりよいキーワードを散りばめて、(実際はそうでなくても)「丁寧で真摯な説明」がなされているような印象を与えること。


これでばっちりだ。


nice!(0)  コメント(0) 

自己紹介って苦手で。 [雑感]

自己紹介って苦手。
特に仕事以外で。

仕事ではないのに大抵どんな仕事をしているか、してきたかとかお互いに話すんだけど、(特に男性相手のとき)
これがけっこう苦手で。

仕事の内容を話したところで私がなぜそう考えるのか?という理解にはつながらないと思うから。
私にとって仕事は人生の一部に過ぎなくて、私の考え方とか私自身を表現できるものではない。母親であることであったり、生きていく上でぶち当たった困難だったり、そういったことの方がずっと私の考え方に影響を与えている。

自己紹介は挨拶みたいなものと、気軽に考えればいいのかもしれないが、あまり気が進まない。聞かれたら答えるけれど、自らは言わない。自己紹介は挨拶であると同時にやはりお互いにどういう立ち位置で思考しているのか?を知るためのツールだと思うので、なるべく偏見や誤解は避けたいのだ。
、、とはいえ、初対面そうそう、重たい話題もねェ。だから、自己紹介は苦手なんだなー。



nice!(0)  コメント(0) 

財務省や文科省の人たちを見て [社会、政治]

頑張って勉強して、
東大入って、
官庁に入ったのに、
自分より心も頭も悪い一部の議員の
理不尽な要求に従う犬になるって
どんな気持ちだろう?

しかも最悪、全ての罪を追わされるかもしれないなんて。

それでも、高い給料&退職金(全部私たちの税金だけど)もらえるなら我慢するものなのかな。

自分の子供はそんな風にさせたくない。
犬にさせるために教育に投資している訳ではない。

せっかく頑張って勉強してすばらしい頭脳を手に入れたなら、誰か一部の議員のための工作に使うのではなく、この国の未来のために使って欲しい。





nice!(0)  コメント(0) 

ブラック校則 [生き方]

ブラック校則とか耳にするけど、私の高校はスーパーホワイトだった。
あるのは『下駄を履いて登校してはいけない』だけ。下駄はけっこう音が響く。ましてや廊下は木製だったから。そのわずかな校則すらやぶって下駄で投稿する男子もいたけど、大した問題になってなかった。個人的には下駄って歩きにくくないか?と思ってたが。学ランには似合ってた。

校則に代表されるように、私の通っていた高校は本当に何もかも自由だった。当然ながらそれに伴う責任は重かったが。生徒も大人として扱われ、先生と生徒もそこまで上下関係がはっきりしていなかった。だからといって、学校が荒れたなんてこともなく、皆自分の未来に向かって学んでいた。進学校なのに勉強しろなんて言われることもなかったが、毎年東大に50人以上受かっていた。(東大だけが指標にはならないと個人的には思うが、一般的にわかりやすく)

校則で縛っても、未来の芽を潰すだけ。
自立できない。

その校風にあこがれて、中学時代猛勉強したかいあった。今大人になってふりかえっても良かったと思う。
私の根っこはここにある。
今私がレールを外れてふわふわしているのは成り行きではない。おそらく必然。


nice!(0)  コメント(0) 

とかげの頭 [社会、政治]

とかげの尻尾だけ切っても頭が残ってたら、再発するでしょ。

また尻尾切ればいいって。

だから、頭を仕留めなきゃだめ。

すでにこの頭のせいでたくさんの不正が起こってる。早くしなきゃ。

しっぽとなった普通の人たちの命が失われてしまう前に。


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -
メッセージを送る