So-net無料ブログ作成

信頼あるまともな医師は辞め、信頼ない医師が残る。 [仕事]

知人医師が勤務していた病院を辞めたそうな。彼は患者さんからも医師からも信頼あるまともな医師だ。

彼はエビデンスを重視し、必要な検査や治療は勧めるし、不要なら勧めないという姿勢で医療に臨んできた。これは医師として当たり前の倫理観。

一方、経営者側の人間(医の倫理観など知ったこっちゃない非医師)は儲けを重視し、不要な検査や治療を勧めるよう医師に業務命令で強制する。患者に何かあっても責任を負うのは強制した経営者ではなく、強制された医師だ。

患者を第一に考え、医師としての倫理観を持つ医師は当然その業務命令は受け入れられない。
だから、辞めざるえない。

これが医療の現場の真実。









nice!(0)  コメント(0) 

ブラック病院 [仕事]

以前の日記から
続き2

こどものことを理由にして9時5時で働いているけど、本当はこどものことがなくても、土日ないとか、睡眠3,4時間とか当直あけ勤務とかホント!イヤだった。
こどものことがなくなっても絶対にやりたくない。やらない。

医師に過労を強いる社会とそれを当たり前のように受け入れている医師たち。

これじゃブラック病院はなくならないよね?医師の過労死はなくならないよね?

裁量労働制の拡大でますます医師の過労が促進されるのではないか心配。



nice!(0)  コメント(0) 

つらかった日々の延長に今があるのも事実 [仕事]

以前の日記から

続き

とにかくあの数年はつらかった。
他の人からみればあんなの楽だよ、というかもしれない。仕事内容的には。
でも、家での勉強の時間なんてとれるはずもない。発表資料だって。全てがいっぱいいっぱい。集中する時間がなかった。二度とイヤ。
でも、あのたった数年がなかったら、今私は糧を得てない。
ずいぶんとあのときあーしたとかこーしたとか思い出しながら仕事してる。

nice!(0)  コメント(0) 

ヒマ [仕事]

ホントのこといいます。

私今職場でほとんど仕事していません。

仕事がないの。

ただいるだけ。

軽く軟禁状態。


ただいるだけで

申し分ないお金が入るんだから

楽だ。

と思うようにしてる。


私忙しいのそんなに好きじゃないけど
こんなにヒマなのは苦痛。
周りの人は忙しいから余計に。


子供とのあるいは人生の貴重な時間を潰して何をやっているのだろう?

やりがいもあってそれに見合うお金も入ってそれでいて子供のことで休みがとりやすい仕事なんてないのかな?

どっちの仕事を選ぶ? [仕事]

仕事①
やりがいがある
責任が重い
代わりの人がいなくて子供の体調が悪くても急に休めない

仕事②
嫌いじゃないけど単調
責任もそう重くない
代わりの人がいるから子供の体調不良時に急に休むことができる。
給料は①よりいい。

①と②どっちがいいかわからない。。

闘争の中の生存者 [仕事]

トップの突然の解任劇。
トップに可愛がられていた人たちも解任。

権力闘争や競争が激しいから。

競争に巻き込まれた人は過剰な要求に応えようとして猛烈に働いてやがて疲れきってしまう。

そこで生き残るのは良くも悪くも目立たず、淡々と自分の仕事をしている人。

ある意味モンスターだ。




ご縁があった仕事はやってみる [仕事]

育児との両立の関係で
勤務条件や給料を優先して仕事を選んでる。
キャリアや仕事内容にはそうこだわっていない。
ご縁があった仕事はできないとか興味ないとか決めつけずに、自分のできる範囲内で続けてみた。
結果として数年は続けたという、自信につながったし、次の仕事へのスライドのきっかけにもなっている。
そして、新しいこともとりあえずやってみれば続けるうちになんとかなるんじゃないかという変な自信もできた。

模索してみる [仕事]

この前、いつもとはちょっと違った新しい仕事をしてみた。

以前から気になってはいたけれど機会がなくて試してみることができなかった仕事。

やってみて思ったほどピンとこなかった。

その仕事は目標地点ではないかもしれないけれど、何か気付きやきっかけはあるかもしれない。

もう少し続けてみようかな。

仕事で疲れて仕事で癒される [仕事]


わざわざ私を選んで私の元へ通って来てくれる人が少しでもいることが嬉しい。

最近仕事での精神的疲労感が強いけど
「ありがとう」
の言葉でだいぶ疲れがとれる。

これまで私なりに頑張って来て良かったと思える瞬間。

産休目前② [仕事]

「無理してでも今日は働く」宣言をしたけれど
そんな宣言さえ無意味なほど
今年度一番忙しかった。

昼ごはんの時間は全くなかった。
ただただひたすらに目の前の業務をこなしていく。

気がついたら20時だった。

正直お腹も張るし股関節の痛みもひどかったけれど
最終日だし明日の心配をする必要はないので
生まれてしまったら生まれてしまったでもいいとゆう気持ちで
無我夢中でこなした。

おかげで完全燃焼で産休に入れるぞ。

あせりは消えないけれど
今夜はとりあえずくたくたで満足して眠れそう。

一方で産休に入ることで
出産が近づいていることを実感し、
緊張と不安の気持ちも出てきた。

どんな痛みなんだろう。
太古の昔から女の人が共通に味わってきた感覚。

それでもこわいなぁー。

カイザーになったらどうしよう。。

こわいなー。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産
メッセージを送る