So-net無料ブログ作成
検索選択

桜の花びらの旅立ち [雑感]

春の優しい風に吹かれて
川沿いの桜並木から花びらが舞う、舞う。

太陽の光と川の水面に反射した光に
きらきら照らされながら、散る、散る。

川のみなもに舞い降りた花びらは
川の流れでひとすじの桃色の道となる。

やがて海へとたどり着く道となる。

たくさんの花びらにはもう生命はない。
でも、生命をもっているかのように
春風に促されて
母なる大きな木から飛び立ち、
川の道をずんずん進んでいく。
はるかに広い海を目指して。

この桜の花びらの冒険が、
春という始まりの季節にぴったりだ。

なんだか嬉しくなって
長い間、舞い散り流れる様子に見入ってしまった。






初めてネットの速度制限かかった。 [雑感]

youtube見過ぎたというより、
聴きすぎたせいでデータ容量を超えて、
警告メールにも気付かず、
ネットの速度制限かかった。

初めて。
そんなに再生したい気はしないんだけどなぁ。

悔しいから速度制限の解除のためにお金は払わない。

月末までまだまだ遠い…(-_-)

それにしても恐ろしくネットの反応が遅くて、
wifi下以外ではとても使う気になれない。
wifi環境がこんなに嬉しいとは。

スマホが使えなくて不便だけど、メリットもあった。
使えるとついちょいちょい使って画面を見てしまうから、やっぱり目や頭が痛くなる。首も曲がったままでかなり疲労がたまる。
今、それがないからかなり体的には健康、快適〜
強制スマホ断ちだ。

まぁ、外で調べ物したい時とかはほんと不便なんだけど。


一万近く払っているのにまだ、お金を払わないと普通に使えないなんて。
SIMフリーの安いスマホに変えようかな。
もともと安ければ、たまに制限解除のために払うのは苦じゃないだろうから。
すでにSIMフリーに変えた人は全然不便じゃないと言ってたし。

いよいよ巻貝さんとお別れ? [雑感]

ちょっと遠い海に行ったとき、
子供の手のこぶし大のいい感じにコケが生えた古びた貝を見つけた。
うちの巻貝さんたちのエサになりそうだと思って、
中につまっていたちいちゃな貝やら小石やらを海水で洗って持ち帰った。

貝さんのいるタッパーの中にぽとんと落としておいた。
巻き貝さんが気付いたかなと思って確認してみると、
古びた大きな貝が移動しているような…
転がった?
あっ!
なんか手足がもじょもじょでてる!
古びた貝はヤドカリさんだったのです。
生き物が増えてしまった。。

ヤドカリ、どうやって飼えばいいの?
さっそくネット検索だ。

雑食。もしかして貝を食べちゃったりする?一緒に飼えない?
湿度温度管理、16℃以上。まぁ家の中なら大丈夫かな。これからの季節。
成長に合わせた貝を見つける。これは無理だろう!
ということで
拾ってきた海じゃないけど、もっと近くの海にかえしてくることに。

だけど最近巻貝さんたちが古びた貝の中に入り込んじゃって。居心地いいんだろうね。コケのエサつきの隠れ家だもんね。
三びき一緒に帰すしかないのかという感じ。

さみしいな。。





理性的といわれたい?感情的といわれたい? [雑感]

「理性的」といわれるのと「感情的」といわれるのではどちらがいい?
と聞かれたら、「理性的」といわれたい人が多いのでは。
「理性的」な方が何か高等な感じがするからだろうか。

だけど、現実を見回してみよう。
物事は感情的判断で動いている。
身近なところでは何を買うか決めているのは「欲しい」という感情だ。

歴史も感情的判断で作られている。
政治も感情的判断で動いている。
社会も感情的判断で回っている。

最終的に人を動かす力を持つのは感情だ。

だから、未来を予測することなんてできないし、逆に歴史を何度も繰り返すともいえる。
(人の感情なんて変わりやすいから読めないし、一方で太古の昔から人の感情は変わらないともいえる)

もちろん理性は必要ないなんてことはない。
感情しかない世界だったら、崩壊してしまうだろう。
感情の暴走を止めるのは理性だから。


そうだ。明日はホワイトデーか [雑感]

いつものように夕飯の足しにお総菜でもと思ってデパ地下にいったら

普段見ない黒い服の人々がごった返している。



仕事帰りの男性だ。

珍しい。

そうか!明日はホワイトデーか。



みなスウィーツ売り場に群がってる。

なんか・・おもしろい。

ほほえましいというか。



バレンタインの時、テレビで最近は義理チョコは下火だとか女性同士で交換だとかいってたけれど、

お返しを買い求めているのを見ると、

なぁんだ、意外とちゃんとみんな義理チョコもらってんじゃない。

あっもしかして義理じゃなくて本命だったかも!?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

朝の通勤電車でやる真剣なゲーム [雑感]

朝の通勤電車の中で密かに真剣にやってるゲームがある。
今使っている電車は席は一つも空いてないけれど、席の前に立つことはできるくらいの混み具合。

なんのゲームか?って?

多分みなさんもやってるだろうゲーム。

だってライバルと思われる人もいるから。

すなわち、『誰がどこで降りて、どの席が空くか』当てゲーム。

まずわかりやすいのは高校生
制服着てるから。
だいたい近くの駅で降りるのもわかる。
これに気付いている人は結構いて、
高校生の前がとられていることもある。

だから自分なりのターゲットを見つけたいところだが、なかなか顔を覚えたりできない。
いつも同じ席に座っていたり、特徴的であれば、覚えられるかもだけど。

席が空いたと思ってどんな人が降りたのか慌てて見ようとするも、大抵背中しかわからない。
テープを巻き戻すようにちょっと前の過去を見れたら、電車に乗って暇な時間に顔や特徴を覚えられるんだけどなぁ。

だから、覚えるのと並行して、誰がどこで降りるか予想作戦もやってみる。

服装や年令、性別などから勝手に(全くの独断と偏見で!)人物像を作り上げ、降りる駅を予想するのだ。
大学生かな?」「アパレル系かな?」「大企業系かな?」「公務員かな?」…
この予想結構楽しい。

あとは、頭を深く深く垂れて、本気寝るモードの人はやっぱり長く乗ってる傾向があるので避ける。

最近おもしろいことに気づいた。
頭を垂れて寝ている人も、降りる駅の一つ前過ぎたあたりから頭が徐々に上がり始め、だいぶお顔が見えるようになる。

だから、そわそわしたり、バッグの取っ手をしっかり握ったりするのも『次の駅で降りますよ』の合図だけど、顔が徐々に上がってきても合図といえる。
これを察知して早めに移動することも可能だ。

朝の貴重な眠りを得るための座席がかかっているので、
毎朝かなり真剣。

だけど、あくまでさり気なく、スッと前に立つのがコツ。たまたまそこに立ったという風に。






花粉症って自然に軽快することあるのかな? [雑感]

もう花粉飛んでるのかな?

例年だと寝て起きた瞬間に
まるで自分が天気観測機にでもなっちゃったかのように
その日の天気気温、湿度がわかってしまうほど、
敏感に反応していた。
すぐにくしゃみやら鼻水やら、目のかゆみが出てきてもう大変。

だけど、今年はほとんど症状がでない。
今年はあまり花粉が飛んでいないのかな?
薬もマスクも必要ない状態が続いてる。
症状もつらいけど薬飲んでの眠気もつらい。
薬飲むも地獄、飲まぬも地獄。。

そもそも花粉症を発症したのはここ数年のこと。
三月のある日、ものすごい花粉が飛んでいて空気が真っ白になっていたことがあった。こんな日は部屋でおとなしくしているのか賢明だと直感したが、山に行く予定がずいぶん前から計画されており、しぶしぶ行くことに。
よりによって杉の木がたーーくさん生えている山に行くなんてほんとどうかしてた。
断って相手とぎくしゃくしようとも行くべきではなかったのだ。

翌日から目が目ヤニで開かなくなった。瞼も腫れて、鼻水とくしゃみが止まらない。通常の薬も効かず。

それからは毎年この季節がくると気分が落ち込むものだった。
ただ、だんだんと症状が軽快してきているのは感じていて、
もしかすると今年はだいぶ良くなっているのかも。
特別今年の花粉が少ないというわけでなければ、
このまま良くなる、元に戻るかも?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

忘れてた幻のブログ [雑感]

数年前に半月でやめてしまったブログに最近気づいた。

「こどもと一緒に海外旅行」のブログです。

物忘れがひどいの延長ですっかり忘れていた。
アメーバから通知がそういえばきてた。
でも、何かのスパムかと思ってたっけ。

記事も5.6本で本人も忘れてたブログに、
そして更新されそうな気配は全くないのに、
ブックマークアクセスがあるのはうれしい驚きです。

できれば、旅行記録もだいぶ溜まっているので、整理して記事をアップ、子連れ海外旅行を考えている方の役に立てたらいいなとは思ってはいるけれど。

子連れ海外旅行を考えている方は参考にしてみて下さい。↓
http://ameblo.jp/fukuro383

ママ友問題その後。 [雑感]

以前書いたママ友問題。
とりあえずなぜ、私が苦痛か考えたところ、グループ4人で話すのが苦痛だという結論に至った。
ママ友って学生時代の友人と違って、ズバズバいう関係じゃないから、気を使うんだな。本当に。
私たちのグループ?はみんな子どもの年齢や住んでいる地域、保育園や小学校みんな違う。それはそれで比べなくていいからメリットとも言える。
だけど、家の事情とかもバラバラで。
誰かを褒めたことが誰かを傷つける結果になったり、変な前置きをしないといけなかったり、「当たり前」も違ったりして。
共通の話題で誰も傷つけない話題を探すのが大変!
しかも、そんな話題は大抵浅くて私にはどうでもいい感じ。
時間のムダだな〜と。

そういうわけで、私はそれぞれ1人ずつ会う宣言をしました。グループでは会わないと。もちろん本当の理由は言わないけど。

1人ずつ会うのは正解だった。
一対一なら共通の話題もあるし、お互い本音も出やすい。これでこそ有意義な時間というもの。とりあえず解決してよかった。

こっちもよろしくね。
hatena blog の「いつか晴れて欲しい空2」
http://itusora.hatenablog.com/




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

現憲法は日本人の精神に合っているか? [雑感]

世界の多くの国々ではなかなか民主主義が根付かない。なぜ日本にはすんなりと受け入れられ、根付いたのか?
世界中で紛争が起こっているのに、なぜ日本はこんなにも平和を享受できているのか?まるで奇跡だ。
日本の何が世界と違うのか知りたくて、本を読んでいる。

今日は『日本と日本人について』を読んだ。
憲法についての本ではないが、最近の憲法改正の動きから読んでいて自然と現憲法について考えが及んだ。

そもそも最近の憲法改正に漠然とした不安がある。この不安の正体はなんだろう?

改正の理由がはっきりしない。
押し付け憲法だから?時代に合ってないから?改正したことがないから?

まず、重要なのは現憲法が押し付けだったかどうかではない。
憲法が私たち日本人の伝統的精神に合っているか?反していないか?だ。

歴史を通じて、統治形態や社会、文化が日本人の伝統的精神に合っていれば繁栄し、逆に反していれば必ず、混乱が起きていたという経緯がある。
本によれば、日本人の伝統的精神とは
・和を貴ぶ(あらそいを好まない)
・象徴としての天皇、実権は他の者が握る
・民主主義に通ずる、皆での話し合い
・独裁を嫌う
等々だそうだ。
これらは日本人が再び道を誤り、混乱に陥らないための道しるべだ。

そうか、不安の正体は憲法改正でこの精神が失なわれるのではないかというところからくるものだ。
私は現憲法はこの精神に合っていると思う。一つの事実として戦後70年、大きな混乱なく、理想的な形で日本は繁栄してきたということがある。

日本人の根幹に関わる部分は変えるべきではない。

時代に合っていないからとすぐに変更するのではなく、常にその精神との照合が重要だ。

これまで憲法を一度も変更していないからといって変更するのは理由としては論外。

時代にも合っていないし、日本人の伝統的精神にも合ってないからという部分については変更も可能だろう。
ただ、日本人の伝統的精神についての認識の十分なすり合わせは前提として欠かせない。

そのためには子供の頃から歴史や社会を学ぶ中で
日本とは何か?日本人の伝統的精神とは何か?について見出す、考えるということが有効だろう。その際注意しなければならないのは子供に日本とは何か?日本人の伝統的精神とは何か?を「教育」してはならない。それは、洗脳になってしまう。時間はかかるが、子供個々が考え、自ら見出す作業をし、その上でお互いに討論する。これが健全な民主主義というもの。

為政者だけでなく、国民一人一人が
日本や日本人の精神について理解を深めることが健全な愛国心を育むし、繁栄の道を選び取る力をもつことになる。強い日本につながる。

強力な武力をもつことだけが強い日本を作るのではない。それは外側をかためたに過ぎない。中身が弱ければ内側から崩壊する。世界にはそのような国がたくさんある。




メッセージを送る