So-net無料ブログ作成
検索選択

中国旅行では牛肉の小籠包を食べてみて [旅]

中国旅行の楽しみの一つは料理
私は中華料理が大好き。
中国旅行で1番おいしかったのは
牛肉の小籠包
一つのセイロに8こぐらい入って200円くらい。豚よりもさっぱり、でもいいダシが出てる。タレもいろいろな香辛料が効いていて深い味になっている。
子どもも大好きで、朝からセイロ一つ分ペロリとたいらげてしまった。
日本でも食べたくて探してみるものの、
どうも同じタイプの小籠包はない。知人に聞いてみても日本では見かけないという。

他の中華料理も外れなく、おいしかった。
ただ一つどうしても食べられなかったゲテモノ以外は。
そのゲテモノとは…(ゲテモノが苦手な人はここでみるのをやめるのが賢明かも)
そのゲテモノの話の前に私のゲテモノ歴をちょっと。


わざわざ自らゲテモノを食べることはないけれど、
サバイバル精神から?出されたものは一応チャレンジして食べてみるという主義で。
これまでいろいろなゲテモノを食べてきた。
私からみたらゲテモノなだけで、地元の方からみたら普通の料理なんだけどね。

子供の頃、友人宅で食べた山梨長野の虫のつくだ煮にはじまり、
カエルの足の唐揚げを食べたり(鳥のササミみたいな感じ)
オーストラリアではワニやカンガルーを食べたり、
モンゴルではマーモットの丸焼きを食べたり。(脂がよくのっていてお酒に合う)

どれも意外とおいしいのだけれど、
やっぱり2度目はいいかな。。
どんなにおいしくても食べるまでのドキドキが疲れちゃって。

そんな私でもちょっとムリと思ったのは
中国のイモムシの唐揚げ。
中国旅行中、知人宅で、レストランで何度も登場する。
知人はみなおいしいおいしいと言って食べ、数ある他のおいしい中華料理をさしおいて、必ず最初に皿が空になる。
知人も私に「エビみたいでおいしいよ!」と熱心に勧めてくれるのだけどムリだった。
たぶん食べたら食べたでおいしいんだろうけどね。
勇気ある方はぜひ試してみて。



京都一人旅 [旅]

とりあえず
宇治の平等院鳳凰堂に行った。
雲中菩薩像が観たくて。

ミュージアムで観たら古代の楽器が事細かに表現されててビックリ。

神秘的だ。

平等院鳳凰堂の内部は本来はけっこうカラフルだったみたい。

雲中菩薩像のトランプを買った。
これならいつも一体一体確認できるね。

夜は一人バーデビューした。
旅先ならなんでもできるね。
初め、誰もいなくて入るのに躊躇しちゃったけど、入ったら落ち着いた。
町家の大人な感じのお洒落な店。
ご飯も美味しかった。
タコとゴーヤーのトマトソースパスタ。
苦みがちょうどよい。
チーズのセレクトもいい感じ[ムード]

バーテンダーの方とお話ししてたら思いの外、たくさん飲んで、長居してしまった。

楽しかった。

門限があるから急がなきゃ。

一人旅 [旅]

実は一人旅にずっと憧れていたけれど機会がなくて、
ついに決行です。

なかなかワガママな性格の私、人に合わせて行動するのがあまり好きではありません。

どこか行くからには、
何かするからには、
わりとやりたいことがはっきりしているのです。

人に合わせて行動してるときは
実はあんまり興味がなくて、やりたいことがない。

というわけで
『自由きまま』な一人旅に行ってみたかったのです。

そして一人旅にピッタリな場所といえば、
京都でしょ!

で、きちゃいました
京都[黒ハート]?


もう一度訪れたい国 [旅]

これまでいくつか国を旅したけれど、
もう一度行きたい感じがするのは、
今のところ
トルコ、パラオ、モンゴルかな。
トルコはやっぱりイスタンブールの美しさ。夜のモスクに異国情緒あふれるあかりが灯る。帰国する飛行機から見おろした夜景が胸に焼きついている。
パラオは観光地化されていない自然の素朴な美しさ。海も陸もハイレベルな美しさがあるのに静か。まるで隠れ家のよう。(だからあんまり人に勧めたくない…)
モンゴルはなにもないことの美しさ。どこまでも続く草原の中、必要なものだけがある。時間の概念からの真の解放に癒された。

新しく行くとこだったら
子どもも大きくなってきたから自然遺産的なところだけじゃなく、文化遺産的なところも楽しめるかな?
スペインイタリア、イラン…行きたいなー。

せっかくの連休の過ごし方 [旅]

せっかく職場辞めて
残った有給休暇で長い休みがとれるんだから
どこか行きたい!

長い休みといっても引越しなどでばたばたしてるのも考慮するとそう長くもないか。

微妙な長さの連休。

うむ、海外に行けなくもない。

しかし各国でテロが頻発していて、
先進国といえども安全とはいえない。
空港など人が集まるとこは特に。

そして、国内でも異文化体験や刺激は受けられるんじゃない?
と気付いて国内で民泊することにした。
ぜーんぜんしらない田舎のおうちに泊まる

私、田舎がなくて(近所にじじばばは住んでた。)夏休みに友達がみんな「田舎のおばあちゃんちに帰るんだ!」といって帰るのをうらやましく思ってたんだ。
だから「田舎の滞在」に憧れてるとこがある。
小川とか。縁側とか。

知らない方のところに泊まるのは少し緊張だけど、楽しみ。

夜道を歩く [旅]

こどもと二人手をつないで
工場地帯の国道わきの道を歩いていた。

夜七時半過ぎ。
工場の稼働はとっくに終了している。
あたりはまっくら。
空には星がキラキラ輝いている。
都会でもこんなに星が見えるところがあるんだ…

だーれも歩いてないまっくらなまっすぐな道。
延々と続いてる。
時々1人くらい自転車で横を通り過ぎる。
工場の仕事帰りかな?
あっという間に見えなくなる。
また二人ぼっち。

歩かなきゃいけない道だったら
絶対歩きたくないような心細い道。
寒くて、風がびゅうびゅうふいてまっくら。

でも、歩かなくてもいい道を
わざわざ歩いてる。
歩きたくて歩いてる。

だから誰もいないのが
妙に心地いい。
こどもと二人っきり。

もちろんちょっぴり怖かったけど。

ふつうはこんな時間のこんな道
人なんか歩いてるはずなくて
非現実的過ぎて
まるで夢の中のような光景。

こどもと二人だけ。
「星がきれいだね。ぼうけんみたいだね。」
とこども。

二人でしりとりしながら
手をつないでずーっと歩いてく。


スタート地点から30km歩く道中、
楽しい公園とかたくさんあったけど、
こどもはこの道が楽しかったみたい。
もちろん私も。



歩くときにご褒美は設定しなかった。
それがよかった。
設定したらその途端に歩くことが苦になって、歩くことそのものを楽しめなくなってしまうから。


飛行機に乗ってどこか遠くに行かなくても、
普段電車で通り過ぎてる街を歩くと
景色が全く違って見えて
それだけで旅になる。


モンゴル② [旅]

本当に私たちが別世界に来たことを実感したのはこの日の朝だった。

メエ〜、モ〜という声以外は風の音が少しするだけで無音だ。
当然車の音なんてしない。

ゲルのドアは開け放たれていて緑の草の上に牛が2頭見える。

部屋の真ん中のストーブで温められているミルクの香りが漂う。

本当に来ちゃったんだ!

旅の疲れで知らない人のうちにも関わらずぐっすり眠ってしまった。
だから目覚めて改めて実感した。

お手洗いのためにゲルの外に出てビックリ&感動!

昨夜は真っ暗で何も見えなかったけれど実はたくさん牛や羊や山羊がいた。

そしてどこまでも広がる草原と青い空!


朝ごはんはお母さん手作りだという硬いパンと干したヨーグルト
そしてやっぱり朝搾りミルクで茶葉を煮たサーティーツァイ。甘くない少ししょっぱいチャイ。スープみたいな感じでいつもでる。最初はお茶の気分で飲んだから変な感じがしたのだけれど慣れると飲みやすい味でとってもホッとする。

家族とは相変わらずまだぎこちない感じなんだけど、
覚えたてのあいさつをしてみたり、
身振り手振りで伝えてみたり。
家族はカザフ人の三人家族で子どもは14歳少年。
(これは指さし会話でわかったこと!)
その少年とサッカーしたり近くの丘を散歩したりしてちょっずつ距離を縮められたかな⁈

子供も一緒にサッカーやってからはその少年のことが好きになって、ずぅーっと後をくっついていた。少年が羊の遊牧のために出かけてはるか遠くにいるときも走って追いかけてった。

どこまでも広がる草原と青空の中で
夫も子供も満面の笑みで楽しんでる姿をみて
桃源郷とはこのことか…
と心の中でつぶやいた。

今回の旅が今までの旅と大きく違うことがある。
それは「時間」からの完全な解放である。
いつも旅にくると時間に追われていた。

時計とネットからの解放ほど
贅沢なものはないと実感した。

ラクダに乗せてもらったり、
鷹を腕に乗せてもらったり、
薄 紫の花が咲く草原の丘を散歩したり
楽しかった。

子どもは大草原の中、少年と自転車に2人乗りしたのが嬉しかったみたい。

遊牧民のお母さんが作ってくれる食事は食材は人参とジャガイモと羊肉とそう変わらないのに
いつもおいしい。どこか懐かしい味で子どももぺろりと平らげてしまった。

夜8時頃になってようやく日が沈み、青黒い空に三日月がぽっかり浮かぶ。
それも美しいけれど夜空を見るには月が明るすぎる。

月が沈むのを待って外を見渡すと
360度地平線まで星が降りそそいでる。
天の川のような星の流れもはっきり見える。
贅沢だ…










モンゴル① [旅]

成田を二時半に出発。
MIAT航空で約五時間。
眼下に広大な土地がひろがる。
そして突如その中に都市が島のように浮かび上がる。
ウランバートルだ。

チンギスハーン空港に到着したのは現地時間の19時くらいかな。
まだ全然明るい。
緯度が高いから。
ここからウランバートル市内までは30分くらいのはずだけど市内に近づくにつれてひどい渋滞
市内はもっとひどくて、車体をこするのは当たり前、事故も何件も目撃した。
体格のいい四駆の高級車もキズやホコリなんてなんのそのという感じでガンガン走ってる。
日本車が本当に多いのにもビックリ。

ウランバートル市内を抜けてもしばらく渋滞は続き、ようやく普通に走れる様になった頃はすっかり真っ暗。
街灯もない草原?の中の一本道をゆく。
と、目の前に突然丸太を荷車で引くおじいさんが浮かび上がったと思ったらよけきれずがしゃんと衝突した。
真っ暗な中、全く状況がわからない。
ガイドと運転手が車外に出て何やら話してる。
「人は大丈夫なのか?」と聞くと
おじいさんは暗闇の中に逃げて行ってしまったそうだ。
で、結局仕方ないのでそのまま運転再開。

すでに予定より随分遅れている。
夕飯は遊牧民の家で食べることになってるけど待っていてくれるのかな?悪いなぁ。

道はしばらくは舗装道路だったが、脇道に入って土の道になった。
最終的には道もない草原の中を無理やり走って行った。途中砂丘のようなところではまったり。。
本当に着けるのか?

ようやく遊牧民の家に到着したのは10時半過ぎ。
頭上には満天の星。
昼までは成田にいたのに夜には全く違う世界にいることに不思議な気分。
これから二日間お世話になる遊牧民の家族と顔をあわせるも言葉ができないのと緊張で笑顔が精一杯。
でも、用意してくれていた羊肉と人参、ジャガイモの入った塩味のうどんは懐かしい感じの味で美味しかった。日本時間12時くらいなのにこどもも含めてたくさんいただいてしまった。
真っ暗な草原のど真ん中でお手洗いをすませ、
とりあえずおやすみなさい。




モンゴルで真夜中のトイレ [旅]

真夜中に意を決してトイレに行った。

ゲルの外は暗くて寒くて怖そうだから
嫌だなぁ?
と小一時間ほどベッドの中でもんもんと考えてたんだけど、
全然眠れないから。

夏の終わりとはいえ
モンゴルの夜は5℃前後。
ダウンを着て出陣じゃ!

と、ゲルの外に出たら
なんと星空の綺麗なこと!

寝る前にみたときよりずっとはっきりしてる。
南の空を見ると月はいつの間にか沈んでいた。
目の前にくっきりはっきりオリオン座が見えた。

真っ暗な夜中だからこそ、だね。

暗さも寒さも
忘れてしばらく星空に魅入ってしまった。

真夜中にトイレに行きたくなったことに感謝?


海外旅行で人生観が変わった [旅]

海外旅行
自身も含めて家族の命を失う危機に直面した。

日常からの脱出を求めて
海外旅行を重ねていたけれど
初めて
日常がいかに尊いかを強く実感した。

そういう意味で今回の旅行
人生観が変わった
といえる。

生きている、
ただそれだけでいい。

メッセージを送る