So-net無料ブログ作成
検索選択

頑張るのをやめた先に [生き方]

頑張るのをやめるとその時は少し楽になるけど、
あとからじんわり干からびていって
静かな虚しさにおそわれる。


長引いた風邪 [雑感]

四月後半に夫になぞの咳風邪をうつされてから、なかなか治らず。GWもワクワクするどころか、GWの家族イベントを無事乗り越えられるか?GW明けも無事に仕事行けるかな?が気になって思いっきり楽しめなかった。

悪寒がするけど熱はないから、気がすすまないけど子どもも夫も(子どもより夫の方が楽しみにしていた)楽しみにしていたキャンプに行った。テントの中で横になりながら思ったよ。私なんで悪寒がしてるのに、寒い夜に外で寝ているんだろう?翌朝少し体調が良くなってたからホッとしたけど。

GW明けにやっと完全復活した。
治らないかとも思っていたから良かった。
うつしてきた夫も長引いていたから。
だけど、体調不良でゴロゴロしてジムをサボったせいで
いつものスカートがきつくなってしまった!体重測ったら今年二番目の体重をマークしてしまいました。はぁ。やせなきゃ。

道端の花 [雑感]

道端の桃色の花たちが
一斉に太陽の方を向いて咲いている。

どんな顔の花か見たかったんだけどな。

あっ!

一輪だけ、こちらを向いている。

見えた♪

花にもみんなと違う動きをする花がいるんだね〜

でも、あたりまえに、ごく自然に咲いている。

私の中の黒い心 [生き方]

差別はしないように、差別しない、を心がけて、誰とでも平等に接しているつもりでした。

知人が『他の人』を指して、あからさまに見下すのを見て、気分が悪くなったりしていました。
「私はそんな風に思わない。恥ずかしくないの?」
と、思っていました。

でも、いざ、その『他の人』から対等な態度をとられたら、不快に感じている自分にも気づいてしまいました。
きっと心の底ではその『他の人』を格下だと思って見ていたのでしょう。


差別の心は隠せてもなくすことはできないのかもしれない。

この話を書いていたら思い出したことがあります。
小学生のとき、嫌われている子がいました。
誰もその子の隣に座りたがりません。
そこで、
「はい!私、座ります」
私はその子の隣に進んで座りました。
後から思えば、
その子のことがかわいそうだから、というより、良い子に思われたかったから。
その子はニコリともしませんでした。
その子は私の偽善に気づいていたのでしょう。

以上、私の黒い心の暴露話でした。


心も風邪をひいたみたい。 [生き方]

最近体調不良がずるずると続いていて。
体が調子悪いと、心も調子悪くなっちゃう。
ネガティヴな思考や妄想に取り憑かれる。

こういうときは頭より心が優位になる。
だから、ちょっとしたきっかけで普段は頭によってうまくコントロールされていた感情が私を覆う。

自分を人と比べてしまって、ひどく落ち込んだ。

いつもなら「人は人」と、はっきり割り切れているのに。












教室は教師の独裁国家 [生き方]

給食の配膳中に静かにしていないと前に立たせる教師について以前紹介した。

姿勢を良くしていないと、給食は配膳されないし、下膳もさせてもらえない。

これってなんか意味あるの?

理由が知りたい。

理由がないルールを強制される苦痛。

これを強制する教師本人は居酒屋でそんなに静かに背筋を伸ばして、配膳を待っているのだろうか???

子供達をただ従わせるのが目的だとしたら、
戦前の教育と同じ。

民主主義の下では全てのルールにはなぜそうしなければならないのか、なぜそうしてはいけないのか、の理由が必ずある。こどもにも理由を明確に説明する、あるいは考えさせるのが教師の仕事ではないか?

まるで独裁国家のように自分たちの都合の良いようなルールを一方的に子供達に課す現状を見ていると、
日本において権力に従順な大人が量産されるのも無理はないなと感じる。

過労死、自民党一強、資質のない二世議員の増産の原因はそこにある。



2月から4月の人気記事は?巻貝さんの今もあるよ [巻貝さん]

2月~4月で人気があった記事のランキングを発表します。

1位 35歳でエリート官僚と結婚(2月2日)
2位 お知らせ(2月5日)
3位 自分の人生を生きていない(3月13日)

さて4位5位は何でしょう?
同じテーマです。




4位 いよいよ巻き貝さんとお別れ?(4月2日)
5位 うちのペット?の巻き貝さんは元気です!(3月1日)
 
意外と巻き貝さん人気なようです!
「お知らせ」を除くと、3位以内にくいこんじゃってます。


巻き貝さんにはしっかり生き延びてもらって、
これからも癒しパワーをお届けできたらと思います。

あっ!実は巻き貝さんは、ヤドカリさんを海に帰す直前になって二匹とも出てきていたので、
結局巻き貝さんたちはうちに連れて帰りました。
だから安心して下さい。
お別れしていません。
今日もタッパーの中をぐるぐるしたあと、定位置についています。

ブランドの有無で人や物を判断するママ [雑感]

ブランドの服を着せたり、有名な塾に行かせたりするのがいいという前提で話すママ達がいる。
ブランドかどうかで人や物を判断している感じでこの手の話題は苦手。

服だって塾だってその子に合っているかが重要で、ブランドものだから有名だからって選ぶものではないと思うんだけど。
ブランド名とかしらないし。

この感覚私だけかなと思っていたら、
別のママ(さっきの前提ママ達よりずっとお金があるママ)も「なんでそんなところこだわるの?」と思っていたそうだ。全く同感。

物を購入するとき、基本的には現物を見て自分が気に入ったら購入するわけで、それが結果的にブランド品とかってことはあるにしても、ブランド品だから購入するわけじゃないから、ブランド名とかあまり覚えてない。
使用感が気に入ってまた購入したいときは覚えてることもあるけど。あそこにあるあの店みたいに覚えてる。

彼らはタワーマンション買うなら上層階が絶対いいという。
なぜ?景色?見栄がはれるから?すみません、それしか思いつかない。
私は自分が居住するなら低層階がいい。面倒くさがりだから。さっさと地上に着きたいのだ。災害時に上り下りが大変そう…東日本震災のときは実際にエレベーターが止まって下に下りれないとか聞いたし。なんだか、タワーマンションの上層階ってボラれている感が否めない。。業者にとってはタワーマンションておいしいんじゃないのかな。
でも、上層階の方が欲しい人が多くて、売却時に値上がり幅が大きいとか節税目的(今はどうなのかな?)とかなら上層階の方がいいと思う。まぁでも、タワーマンションの上層階を買うお金があるなら、もっと都心の低層住宅に住んだ方が良いような。。

ちょっと横道にそれたが…
ブランドだからいい、ブランドじゃないからよくないと決めつけるのではなく、
自分の感覚を信じて、
良いと感じた物を手に入れる方が
自分にとっての幸せにつながると思う。

本当はあんまり欲しくもないブランドものを見栄のために購入して幸せなのは購入した本人ではなく、お店だ♪

ダメだ。手持ちぶたさでストレスに。 [生き方]

またいつものぐだぐだです。
ネガテイブですみません。

仕事で忙しかったときは
仕事のせいでストレスを感じていた。

でも、仕事を減らしたら
手持ちぶたさになってストレスを感じてる。


われながらなんてワガママな。
と思う。

減らし過ぎなのか?

かといって仕事を増やせばいいわけでもないような。

このタイプのストレスには
リラックスだとかの癒しは効かない。
むしろ、謎の罪悪感に包まれてしまう。

効くのはジムのようなちょっとつらいもの。
Mなのか?私。
つらい分終わったあとの達成感が気持ちいい。

書いていてわかった。
副交換神経じゃなくて、交感神経を優位にしたいんだろうな。

ジムはとりあえず行きやすくて続けられそうだから通っている(最近またサボり癖が…)けど、
本当はもっと目的や充実感のあることがしたい。

何がしたいかな。
何がオススメ

はぁ。
ホント子供の頃から習い事たるもの続かないからな。
続かないときの罪悪感がつらいよね。

知らない分野の大学の講義とか聞くのおもしろそうだな。
昔やってたテニスラケットまだあるみたいだからやってみようかな。夫も好きだし、子供も習いたいとかいっているし。…あんまり気乗りしないけど。焼けそうだな…

慌ててやる必要もないんだけど、
ストレスがね〜(-.-;)

人間と暇だとロクなこと考えない。
その通りだと身をもって感じる。ホント。





たまにはアフタヌーンティーで息抜きだ。 [雑感]

春になるとなぜか行きたくなる場所がある。

マンダリンオリエンタルホテルのアフタヌーンティー。

今年も行きたくなってママ友と行ってきた。

以前別のママ友と都内だけだけどいくつかアフタヌーンティー巡りをしてみて、ここが1番気に入った。
値段も他より高かったけど。

まず、紅茶がおかわり自由で、いろいろな味を楽しめる上に、どの紅茶も美味しい
アフタヌーンティーだからこれは重要。

それから都心の38階の大きなガラス窓からの景色はとっても開放的で気持ちいい。窓際席を予約するのがオススメ。

密かに気に入っているのはトイレ
トイレからの景色もいいし、手を拭くタオルも1枚1枚用意されていて、ホテルの客室みたい。

ステキなのに堅苦しい雰囲気はないので非常にリラックスできるのがいい。

ママ友ともリラックスしておしゃべり。

周りを見ればだいたいおんなじような女性で満席だ。

たまにオシャレして出かけると、また明日から頑張れるね。








メッセージを送る